• 山本寛之

もうすぐ春 静かなる家

先日、鎌倉の静かなる家の地鎮祭が執り行われました。


今回は久しぶりに教会での地鎮祭。


建築始めの祝福の祈りという感じなのでしょうか?


神道では無心になり頭を下げているのですが、こうして神父さんと一緒に賛美歌を歌うのもなんだか心が洗われてよかったと思います。


"住む人が家づくりに真摯に取り組まなければ、

作る人の苦労も報われない"


そんな言葉に妙に納得していた地鎮祭でした。


我が家ではお雛様も飾られて、春を近くに感じる今日この頃です。




8回の閲覧