• 山本寛之

茅ヶ崎O邸も佳境へ

細部へのこだわりを見せる茅ヶ崎O邸も終盤戦に入ってきました。


次の山場はスチールロッドの吊り階段。

スチールロッドは一本と見せて、実は二本構成されネジ山が露出しない工夫をしています。

しかし、ミリ単位での位置調整はバウムさんの熟練大工さんだからできる技。


本当に頭が上がりませんが、あと一息頑張っていきたいです。



0回の閲覧