• hilo yamamoto

坪単価70万は高いか安いか?


クラシック一級建築士事務所が提案する商品化住宅KIBARIのブログコーナーでお話しした坪単価

今日はKIBARIの価格設定について今までの設計業務から感じたことをお話しします。

KIBARIでの価格設定 坪単価70万という線引きですが、これは家を買うか作るかのバロメーターです。湘南での10年以上にわたる設計業務において30坪程度の個人住宅で最終的な平均坪単価は72-75万くらいがほとんどでした。それはお客様の暮らし方にあった家づくりを追求するとなぜかこれくらいになってきました。

住宅設計の難しいところはお客様の予算が有限なのに対しては要望はまさに無限、そのパラドックスを予算x空間x構造x設備x仕様xそして家の付加価値という奇跡に近いバランスをご家族の現時点の要望や将来的なビジョンもヒアリングしながら家族全員が一生住まれる間満足できるレベルに割り振るという難しい作業です。初めてお会いして”坪幾らでできますか?”という質問に毎回困ってしまうのは、こうした作業の積み重ねの結果が坪単価であり、新しいご家族の暮らし方にマッチするかどうかの回答にはならないからです。

そしてこれから家づくりを始めるにあたって誰に頼るかで家の方向性が決まってしまうのも家づくりに躊躇してしまう理由の一つ。家づくりを始めた方が抱えていた主な心配事はこんなことが多かったと思います。

*不動産に頼りすぎると希望の土地は見つかるがお金を土地に使いすぎて全体コストや工事費の金額が読めなくなってしまうのではないか?土地探しの段階から設計料は高いからと念をおされてしまって・・・

*工務店に頼りすぎると掛率の良い設備や仕様に誘導されて、空間の質や拘りたい部分に満足できないのではないか?それだけに工務店選びが本当に難しい・・・

*設計事務所に頼りすぎるとどんな土地でもいいプランが出るが、コストばかりが跳ね上がってしまうのではないか?地域にあった工務店を紹介してほしいが言える雰囲気でもなく・・・

そんな皆様の不安をお聞きして、どんな窓口から来られた方も安心して任せられるシステムは何だろうとと立ち上げたのがKIBARIです。家づくりの三本柱がチームとしてお互いに連携をとることで、安心した家づくりを進められると思います。全てのメンバーが湘南x横浜エリアに拠点を持つ経験豊富なチームです。

そして、コストも押さえ厳選された仕様をご用意しているので何を選んでもかっこいい木の家になってしまい、信州カラマツ材という耐候性にも優れた建材を使うことでまちなみへの寄与や日本の森を持続できる付加価値の高い家づくりを追求できる。うーん、足し算ではない掛け算の家づくりの魅力。家づくりとはこうした見えない時間にどう費やしたかで家に対する満足度がひっくり返ると思います。

坪70万という価格設定は、こうした私たちの家への想いをお客様と共有できるかどうかの目安。坪70万で入るだけ希望を詰め込みます! というのが私たちの想いです。1坪にどれくらいの想いを詰め込みたいか今一度考えてみてはどうでしょうか? そのお手伝いをKIBARIは全力でサポートしたいと思います。

最後の写真は先日の湘南ビーチFM78.9 DAILY ZUSHI HAYAMA FRIDAYでの収録の様子。パーソナリティの晋道はるみさんも木の家が大好きで、収録の間も終始家の話で盛り上がりました。木の家に関するダイジェストトークであっという間の20分。特集を組ませて欲しいという想いにお答えしたい!

#木張りの家 #信州カラマツ #KIBARI #カラマツ #自然素材の家 #国産材利用ツーバイフォー住宅 #カリフォルニアスタイル #湘南スタイル #beachfm

55回の閲覧