• 山本寛之

CSH24 The A-Tic 竣工!

更新日:2021年9月4日

7月最後に完成したのは、本鎌倉の二階堂地区にある「The A-tic House」


今回は、埋蔵文化財を保護するための特殊な地盤補強が必要で、遺跡調査が入るリスクを抑えるてために本体建物と駐車場の調査を分けて埋蔵文化財検査を実施しました。


敷地の高低差を利用したエントランスにはスキップフロアを設け、ご主人のロングボードを収納するために天井高のあるクローゼットスペースを設けました。子ども部屋はアニメ「ハイジの部屋」のようなワクワクする小屋裏空間にしてみました。”A-tic”という名前は「屋根裏部屋のような」という意味の造語です。


1階のリビングは敷地条件から暗くなりがちですが、吹き抜けや窓を利用することで、心地よい風と光に包まれています。


あとはアプローチ部分の外構を残すのみです。




閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示