CHS09 青葉区KIBARIの家 小さく棲む

July 25, 2018

青葉区KIBARIの家。

 

猛暑の中、カラマツ外壁材のエイジング処理DIY。工務店スタッフさんとKIBARIメンバーで頑張りました。エイジングに利用したのは木の白化現象を起こすことができる酢酸鉄。ホワイトビネガーにスチールウールを入れたもの。色々な応用ができますのでDIYインテリアにも最適です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度乾燥させてから耐候性の高い屋外用クリア塗装を塗布して完成です。塗った直後は黒くなり、次第に小豆色に。エイジングの時点では木目がとても強調されます。インテリアではこの状態で使うのが良いでしょう。

 

 

 

 どちらの面が優先して見えるか、施工の段階で指示を出していきます。クリア塗装をかけると少し濃さが増しています。

 

 クリアとエイジングの組み合わせは最終的には同じ色になっていくと思いますが、二つの色が住み手と歩調を合わせて経年変化していく暮らし方こそ、KIBARIの格好良さの一つだと思います。

 

 

 

KIBARIの新しいカラーの開発。和の青をベースにしています。様々な色のバリエーションを楽しむことのできるカラマツは、経年変化を楽しむレッドシダーとはまた一味違います。今後採用される可能性があるかもしれません。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

新年明けましておめでとうございます。

January 8, 2020

1/6
Please reload

最新記事

December 16, 2019