クラシックの住宅デザインと設計業務とは

クラシックの設計業務01:ご契約前のヒアリングからプライマリープランのご提案まで

お客様へのヒアリングから敷地調査並びに関連法令の確認を含む、設計契約前までのプライマリープラン(基本計画)のご提案(2-3回)は有償(税別5万円)にて行わせていただいております。あえて有償とさせていただくことで、法令や敷地調査も含めた土地に納まる予算に沿った現実的なプランをご提案することができ、家づくりに大切なお客様との信頼関係にも繋がります。

クラシックの設計業務02:基本計画、実施計画そして申請業務からお引き渡しまで一括した現場監理を行います。

住宅などの基本アイデアをまとめる基本計画から建築確認申請業務、工事に必要な実施図面の作成、そして工事費総コストのマネイジメントから図面通りに正しく施工させているか現場にて確認を行う現場監理業務までをおこないます。設計業務におけるお客様とのお付き合いは9ヶ月以上に及びますので、一括した監理は家づくりの安心感にも繋がります。

 

クラシックの設計業務03:設計費用は一般的には12-15%、敷居が高いと思われてしまうのも当然です。

設計契約料については総工事費の7ー8%前後を目安とさせて頂いております。お住いのエリアで必要とされる許認可申請業務や構造計算を要する建物、耐震等級の算定、フラット35など許認可申請業務以外のオプション業務などにより変わります。

クラシックの設計業務04:工務店との連携がコストも重視した家の提案につながります。

自然素材を使った住宅(204・在来工法)を得意とする湘南でも実績のある工務店(株式会社バウムスタンフ 坪単価 平均73-78万)を推奨させていただいております。長年の連携と塩害や台風など建物に厳しい環境でもある湘南地方に強い工務店は、結果としてお客様に高い品質の住宅をご提供でき、プライマリープランご提案段階でも現実的な予算を提示することができます。

 

クラシックの設計業務05:地元不動産ネットワークを活かした住み方を意識した土地探しは大切です。

融資にあったコストバランスを踏まえた不動産探しは勿論、日当たり、風通し、通勤通学、湿気、崖地、古い擁壁・・・湘南暮らしの知識も不動産探しに重要なアイテムです。そんな土地探しからみる住まい方へのアドバイスは勿論、古屋のリノベーション、提携不動産業者による希望エリアの物件紹介もいたします。土地探しや既存住宅の調査も含めご気楽にご相談ください。

西湘クラシックハウス

三角形という特徴ある敷地ですが、レイアウトに注意しながら矩形の建物を配置しました。三角部分の庭はコンセプトの異なる庭として機能しています。

西湘クラシックハウス

塀越しに米杉の家を見ながら近づくとカラマツの門柱が迎え、家庭菜園で暮らしを感じシンボルツリーの成長を見ながら玄関へと誘います。

西湘クラシックハウス

ピクチャーウィンドウと掃きだし窓。素晴らしい景色を二つの用途の異なる窓で捉えました。自然光が下から入る感じは東洋ならではの世界観かもしれません。

西湘クラシックハウス

二型キッチンには造作のモルタルカウンターとステンレスキッチンでシンプルにまとめました。大きなシンクはコーラー社製。

西湘クラシックハウス

オーナー好みのブルックリンスタイル。要所に木にビンテージワックスを使ったアイデアを取り入れています。

西湘クラシックハウス

テレビ台は60年代のデザインをオマージュ。

西湘クラシックハウス

使う頻度と吹き抜けの広がりを考えてロフトはあえてリビングレベルに。ちょっとした小上がりはこれからいろんな形で使えそうです。

西湘クラシックハウス

キッチン正面はアクセントカラーを入れて、窓枠はあえてビンテージ塗装の木枠で決めました。

西湘クラシックハウス

北側の天窓の光が漏れる天井ルーバーは天井に溜まった熱気をスムーズに外部に誘導する役割もあります。夜は光の格子となって雰囲気を盛り上げます。

西湘クラシックハウス6月18日撮影_ (24)

造作ミラーにこだわった洗面化粧室。収納は別に設けることで来客時も気兼ねなく使っていただけます。

西湘クラシックハウス

ブルックリンスタイルが好みのO様。ちょっとした小物もセンスが良いです。寝室のシーリングは洗濯物掛けも兼用としたアイアンハンガーを取り付けました。

西湘クラシックハウス年6月18日撮影_ (20)

たくさんの友人を呼んでのバーベキューがしたい。こだわりの大きめのデッキから内部を望む。

CSH303 サザンハウス

家らしい木の家 ありのままを追求したら どの新しい家よりも存在感が光っていました。

CSH303 サザンハウス

キッチンダイニングが中心のサザンハウス。キッチン上に米杉の無垢材を施工しました。思ったより重くは感じません。

CSH303 サザンハウス

6枚羽のシーリングファンがその存在感を引き立てます。キッチンはキッチンハウス二型に造作テーブルを合わせました。

CSH303 サザンハウス

プライベートバルコニーとリビングを望む。大きなカウンターは色々な使い方ができそうです。

CSH303 サザンハウス

ロフトに上がる梯子収納スペースには縦方向の米杉を。ちょっとした遊び心のアクセントです。

CSH303 サザンハウス

玄関は開放的にするために階段の始まりと上に天窓を設けることも多いです。

洗面室

天井2.5m以上ある洗面室は北側でありながら南側並みに明るい。奥のトイレは普段はオープンですが、可動間仕切りも使えるようにしています。

CSH23 逗子空の家

シンボルツリーやアプローチも完了し、これからが楽しみです。

CSH23 逗子空の家
CSH23 逗子空の家

和テイストを入れた玄関スペース。家に入る前に手を洗う、昨今では必要なアイテムになりました。

CSH23 逗子空の家

タモ材でまとめた洗面スペース。

CSH23 逗子空の家

収納された障子を閉じるとこんな感じに。右奥にはお客様が趣味で集めたステンドグラスを取り付けてみました。

CSH23 逗子空の家
CSH23 逗子空の家

和テイストを入れたリビングスペース。お客様の家具のセンスもとても素晴らしいです。

CSH23 逗子空の家

アマルフィかと思うような逗子の大空を望めるロケーションです。

CSH25 リテラリーハット

北鎌倉の山を望む高台にある個人住宅。今回はガレージ付きの住宅です。

CSH25 リテラリーハット
CSH25 リテラリーハット
CSH25 リテラリーハット

家のどこかにカーブが欲しい・・・ということで。

CSH25 リテラリーハット

階段にはちょっとした落下防止の引き戸があります。

CSH25 リテラリーハット

車を見ながら仕事ができる計画にしています。羨ましい限りでございます。

CSH24 Attic Haus

プライベートの箱庭側には深い軒がデッキを支えています。左手の壁は防火壁も兼ねることで大きな開口部を設けることができます。

CSH24 Attic Haus

外壁は信州カラマツブルーステイン。鎌倉の歴史的風土地区に位置し、景観を守るために屋根の形状、外壁の色に配慮をしています。

CSH24 Attic Haus

鎌倉の坪庭を楽しめるプライベートなリビングにしました。大きなフィックス窓が特徴です。

CSH24 Attic Haus

リビングに面したキッチン(ヤジマシステムズ)。パントリーを設けることでキッチンバックには飾り棚を楽しむことができます。

CSH24 Attic Haus

キッチンにはテラスドア、ダイニングにはピクチャーウインドウ、リビングには大開口と目的別に使い分けています。

CSH24 Attic Haus

いつまでも飽きのこない空間づくり。ポイントはと言われてもなかなか難しいですが・・・

CSH24 Attic Haus

掃除のしやすさを優先した人工大理石のカウンター。

CSH24 Attic Haus

アクセントクロスというにはかなりのアクセント。奥様切望のクマ。

CSH24 Attic Haus

小屋裏の由来となるアティックスペース。低い天井が特徴の子ども部屋です。手動の天窓からは空が近く見え、木製窓を通じて1階吹き抜けに光を落とします。

CSH25 Leaf Mountain Hut

片流れの絵本に出てくるようなお家。周りの雑木が茂る頃が本当の完成です。

CSH25 Leaf Mountain Hut

カラマツの枕木で作ったアプローチ。コンクリートよりも雰囲気があります。

CSH25 Leaf Mountain Hut

木製断熱ドアのスニッカルベール。真鍮の照明でシンプルに合わせました。

CSH25 Leaf Mountain Hut

家にどう入るか、それって大切なことです。

CSH25 Leaf Mountain Hut

玄関入ったら客人が思わず見上げてしまう吹き抜けとリビングの開放的な窓。

CSH25 Leaf Mountain Hut

中二階には子どもが遊べるフリースペースを計画しました。

CSH25 Leaf Mountain Hut
CSH25 Leaf Mountain HutSH22 Leaf Mountain Hut
CSH25 Leaf Mountain Hut
CSH21 クリフサイドハウス
CSH21 クリフサイドハウス

鎌倉といえば崖地が本当に多い。建物は眺望に配慮しつつも安全性を最優先した配置。

CSH21 クリフサイドハウス

新色のカラマツのホワイトアッシュ。とても素敵です。

CSH21 クリフサイドハウス

玄関扉はアクセントカラーに拘りました。

CSH21 クリフサイドハウス

吹き抜けにあるリビング階段。

CSH21 クリフサイドハウス

キッチンからは鎌倉の山が見えます。最高のロケーションです。

CSH21 クリフサイドハウス

片流れ天井のリビングスペース。高い天井側からは南の日差しを入れ、低い側は北側の山が強調して見えるような配置をしました。

CSH21 クリフサイドハウス

白と黒でまとめたキッチン。開放的であることに拘りました。

CSH21 クリフサイドハウス

まさにオープンマインドなN家。いつも楽しく打ち合わせをさせていただきました。

CSH21 サンクンリビングのある家

全景。カラマツの黒さを強めたブルーグレー色と米杉無節の外壁材の豪華な組み合わせです。

CSH21 サンクンリビングのある家
CSH21 サンクンリビングのある家

開放的な洗面脱衣室。北側であっても天窓により明るくできます。

CSH21 サンクンリビングのある家

主寝室。ベッドボードの小窓からは吹き抜けを通じて換気ができるようにしています。

CSH19 トリコロールハウス

全景。外壁のトリコロールがわかるスポットです。

CSH19 トリコロールハウス

全景。カラマツブルーステインとカラマツ素地(クリア塗装)の組み合わせ

CSH19 トリコロールハウス

正面外観。木製フェンスの視線の抜けを調節し、外壁の視覚的変化が楽しめます。

CSH19 トリコロールハウス

男の隠れ家、ガレージスペース。アメリカンな雰囲気になるよう両開きのドアにしました。

CSH19 トリコロールハウス

バルコニー下にはちょっとしたプライベートな空間を。

CSH19 トリコロールハウス

米杉のシングルサイディングとカラマツの外壁の組み合わせはとても素敵です。

CSH19 トリコロールハウス

カラマツの外壁から始まり米杉のシングルサイディングが玄関へと誘います。

CSH19 トリコロールハウス

いつもまでもホッとするリビング空間を目指しました。

CSH19 トリコロールハウス

キッチンの上にはお子さんが遊べるロフトスペースを計画しました。荷物置き場でないのでなるべくオープンな雰囲気にしました。

CSH19 トリコロールハウス

開放的なダイニングスペース。チークの床と米杉天井が空間を引き立てます。

CSH19 トリコロールハウス

ロフトへ上がるスケルトン階段は階下も明るく照らします。

CSH19 トリコロールハウス
CSH19 トリコロールハウス
CSH19 トリコロールハウス

リビングには大きなカウンタースペースを設け、将来的には子どもたちのリビング勉強の場所に。

CSH19 トリコロールハウス

家族が一緒に過ごせる気持ちの良いLDK空間。キッチンはオーダーのシズテムズヤジマを採用。手元は少し隠せるように収納を兼ねたカウンターを設けました。アクセントにはホームカラーでもあるブルー系のタイルをチョイス。木の質感とタイルの色味がバランスよく配置されています。

CSH17 茅ヶ崎モダンタイムズ

茅ヶ崎東海岸の一部二階建て平屋住宅。耐震グレード3を取得した在来工法の住宅です。ディティールと意匠に特化したプロジェクトとなりました。

CSH17 茅ヶ崎モダンタイムズ

夜景。玄関周りを限りなくスッキリとデザイン。

CSH17 茅ヶ崎モダンタイムズ

米栂集成材の現し屋根垂木。

CSH17 茅ヶ崎モダンタイムズ

テレビボードやシーリング各所に間接照明を組み込みます。全館空調の採用により年間と通じて安定した温熱環境を保ちます。

CSH17 茅ヶ崎モダンタイムズ

StudioBeads製作のアイアンロッドの吊り階段。段板はウォルナット。ロッドのネジ山を見せないディティールに時間をかけました。

CSH17 茅ヶ崎モダンタイムズ

玄関周りの収納、ドアは極力壁面に見せるデザインにしました。

CSH17 茅ヶ崎モダンタイムズ
CSH16 結の家 辻堂元町

新色OOSARU(碧)の信州カラマツ外壁材を取り入れた結の家。湘南で木貼りの家の施工例をインターネットを探しているうちに、気付いたら事務所にいました(施主談)。今や、家への愛着が凄いです!笑

CSH16 結の家 辻堂元町

採光、通風、構造、デザイン、実用性などなど、良い家には欠かせないポイントを予算に合わせて、バランス良く取り入れてプランニングできる力でしょうか。山本さんはそのバランスをとるのがとても上手で、限られた予算の中でもこんなに素敵な家ができたのは山本さんだからできたことだと思います。(施主談)

CSH16 結の家 辻堂元町

家が出来上がって感じたこと。広い!明るい! 笑 南北に細長い狭小地で、広さや日当たりを心配していましたが、窓や吹き抜け等の配置の工夫で快適に暮らすことができています。 赤松のブルーステインテーブルがアクセントとしても格好いい。

CSH16 結の家 辻堂元町

ものはできるだけ少なく生活を・・・そんなことが実践できるのはK様ご夫妻くらいかもしれません。

CSH16 結の家 辻堂元町

トイレの壁は少しカラーを入れてみました。ロフトへの階段は建材を使った急勾配対応はしご。コスパは最高です。

CSH16 結の家 辻堂元町

信州カラマツの浮造フローリングラフロ。要所要所に国産材を使えて嬉しい限りです。

CSH16 結の家 辻堂元町

玄関はやっぱり広く、明るく。ウェルカムなのが湘南スタイル。

CSH16 結の家 辻堂元町

終わってみればあっという間。6ヶ月の間に考えが変わったり予算状況も変わったりすることもあり、プランの変更点が出てきた時に対応しやすいのは、6ヶ月くらいの工期が必要かもしれません。(施主談)

CSH14 Bahnhaus  鎌倉KIBARIの家

信州カラマツを用いたツーバイフォー工法の家。産地の顔が見える品質の高い信州カラマツ材を内外装に採用しています。屋外プランターや室内のハンモックネットなど随所にお客様のDIYが埋め込まれた住宅となっております。湘南の青い空に似合うブルー色を基調に家らしいフォルムを強調する三角屋根が印象的です。

CSH14 Bahnhaus  鎌倉KIBARIの家 se34-3

アクセントカラーを大切にしたリビング空間。来客時に子どもたちが上ではしゃぎ、大人が少し気を配りならもリビングで談笑できるのも吹き抜けの利点かもしれません。

CSH14 Bahnhaus  鎌倉KIBARIの家 鎌倉市浄明寺

キッチンはオーダーのヤジマシステムズ。ブルーに合わせてブルーグレイのカラマツ外壁材をアクセントに貼ってみました。

CSH14 Bahnhaus  鎌倉KIBARIの家 鎌倉市浄明寺

キッチンはオーダーのヤジマシステムズ。フラットキッチンはお客様のこだわり、キッチン扉、カラマツアクセントウォール、セラミックタイルと素材が違いますがブルー系統色でまとめてみました。暗くなりがちな北側キッチンは採光によって暗さを感じることはありません。リビングの向きもテレビではなくあえて庭側に持ってきています。

CSH14 Bahnhaus  鎌倉KIBARIの家 鎌倉市浄明寺

1Fリビングでありながら吹抜けのある明るく広々とした空間を中心に、土間のワークスペースや吹き抜けハンモックなど暮らし・ 仕事・遊び心を併せ持つ個人住宅。

CSH14 Bahnhaus  鎌倉KIBARIの家 鎌倉市浄明寺

大きな吹き抜けは空間をとても大きく感じさせます。二階には信州カラマツフローリングラフロを採用。無垢ならではの温かい足触りです。

CSH14 Bahnhaus  鎌倉KIBARIの家 鎌倉市浄明寺

お客様DIYの吹き抜けハンモックは子どもたちの最高の遊び場。手すりの色にもコンセプトカラーである青系を採用しました。

CSH08 趣味の家 茅ヶ崎市浜之郷

カフェのようなお洒落な家にしたい。そんなご夫婦の期待に添える家になりました。庭のフェンスや枕木はDIYでされるほど家の愛着度は100%

CSH08 趣味の家 茅ヶ崎市浜之郷

リビング吹き抜けに直階段を配した計画。アクセントには黒や青系を取り入れています。二階の青い扉は光を入れるための回転扉になっています。リビングを中心に家族の存在を常に感じることができる空間づくりにしています。

CSH08 趣味の家 茅ヶ崎市浜之郷

いつかは自分の家が雑誌に載ることを夢見てマガジンラックを作りました。そして今や雑誌に掲載されました!

CSH08 趣味の家 茅ヶ崎市浜之郷

広々とした吹き抜けは贅沢そのものです。子ども目線で写真を撮ってみました。

CSH08 趣味の家 茅ヶ崎市浜之郷

階段下のちょっとスペースには奥様の趣味コーナーを設けています。吹き抜けからは常に人の雰囲気を感じることができ、家族内コミニュケーションも増えていきます。

CSH08 趣味の家 茅ヶ崎市浜之郷

カフェ巡りが好きなご夫婦、カフェのような明るい木肌を使ったダイニングスペースとしました。北側には天窓も設け明るい空間としています。

CSH08 趣味の家 茅ヶ崎市浜之郷

大きなミラーも現場の端材で安く仕上げてみました。 うまく知恵を使えばいろんなことができます。

CSH08 趣味の家 茅ヶ崎市浜之郷

ご主人こだわりの趣味部屋とお客様が使うトイレは少しシックな仕上がりに。ロフトハシゴは北欧ラダーの木製ハシゴ。

CSH08 趣味の家 茅ヶ崎市浜之郷

広々とした玄関は自転車やベビーカーも納まります。2F趣味室のドアはこだわりの木製シンプソン製。色もF&Bカラーワークスから選んでみました。

CSH15 ウミマチハウス 逗子市桜山

北米産レッドシダーを使ったウミマチハウス。家らしい形に拘ってバルコニーのボイド部分も勾配屋根のモチーフに。敷地の高低差を利用したインナーガレージのある二階建住宅。

CSH15 ウミマチハウス 逗子市桜山

玄関アプローチと裏側の洗面脱衣室につながる屋外階段。階段のオイル塗装はご主人のDIY。階段の下にはSUPスペースも確保しています。

CSH15 ウミマチハウス 逗子市桜山

海沿いは何よりも海を見たい欲望からバルコニーを設置がち。しかし逗子湾は奥まで海が入り込み、家の意匠にも関わるのであえて裏側に設置しました。そうすることでプライベートなスペースとなり、洗濯物など目線を気にせず干すことができます。

CSH15 ウミマチハウス 逗子市桜山

レッドシダーの勾配天井が特徴的なリビング。南側のニッチ部分には家族で使えるワークスペースを設けました。エアコンニッチは効率も考えて少しだけ埋め込んでいます。

CSH15 ウミマチハウス 逗子市桜山

リビングからダイニング、キッチンを望む。造作収納の空いた部分には、ワインセラーなどを納めるスペースにしています。

CSH15 ウミマチハウス 逗子市桜山

拘りのヤジマのオーダーキッチン。キッチンバックにパントリーを設けることでフルオープンのキッチンのスッキリ感を保つことができます。あえて片側に壁を設けることで空間を優しく区切り、床への水はねなども抑える配慮をしています。

CSH15 ウミマチハウス 逗子市桜山

玄関周りと洗面脱衣室。なるべく掃除しやすく、オープンな空間に。玄関はインナーガレージからは直接玄関に入ることができます。

CSH15 ウミマチハウス 逗子市桜山

子ども部屋とご主人の趣味室。趣味室のアイアン風の扉は実は木製の扉。暗くなりがちな部屋ですが、天窓と隣の家の白壁も利用して明るくなるよう配慮しています。

CSH13 Kourthaus 中庭の家
CSH13 Kourthaus 中庭の家

L型の建物配置で中庭を作る配置としています。 道路側には通気・採光のための窓を、中庭側には大きなサッシを計画しています。

CSH13 Kourthaus 中庭の家

フロアと同じ高さに玄関があるので、ダイニングと繋がった屋外デッキで一体感のあるエントランスとしています。犬走りの樋には目立ちにくいアーキスペックの樋を採用しています。サッシはYKKAPのエピソードNEOを使っています。海に近い湘南エリアでは樹脂アルミが現在のところ耐久性、断熱性において最も信頼がおけるといえます。

CSH13 Kourthaus 中庭の家
CSH13 Kourthaus 中庭の家

インナーガレージ横犬走り 手前ガーデンエリアは芝を施工予定。

CSH13 Kourthaus 中庭の家

山を望む2Fバルコニーはできるだけオープンにしています。朝起きてみる山の景色は最高です。

CSH13 Kourthaus 中庭の家

2F廊下部分。吹き抜けに面するピクチャーウインドウが空間全体を明るくします。

CSH13 Kourthaus 中庭の家

吹き抜けを望む。米杉天井と黒の手すりが空間を引き締めます。

CSH13 Kourthaus 中庭の家

玄関上の吹き抜け。正面の4枚引戸は閉じることでゲストルームとして使うことができます。

CSH13 Kourthaus 中庭の家

吹き抜けに面するピクチャーウインドウの採光効果は歴然です。1Fリビングはどうしても暗くなりがちなので、高窓やトップライトで明るさを確保します。

CSH13 Kourthaus 中庭の家

ヤジマシステムズのオーダーキッチン。センターテーブルのあるL型キッチンは奥様のこだわりの一つ。

CSH13 Kourthaus 中庭の家

玄関横の手洗いコーナー。コーラー社の製品を採用しています。トイレにはアクセントとしてF&Bカラーワークスを使っています。

CSH12 対の住処 鎌倉市今泉台

閑静な住宅地に建つ対の住処。旗竿形状という日照条件の限られた敷地ですが最大の採光と開放的な住空間を提案しました。外部からはシンプルな箱のように見えますが、鎌倉の山々を望むことができる窓が多く配置されています。

CSH11 箱庭の家

外壁にはフォレストオーシャン色の信州カラマツ材を採用しました。湘南の空と海の青色に映える新色は、時間帯によって見える色味の違いがとても素敵です。

CSH11 箱庭の家

南側には半屋外スペースを計画し、ちょっとした団欒スペースや家事にも大活躍。ルーバーや外構フェンスには米杉材を採用しました。

SH11 箱庭の家

テレビの代わりにプロジェクターを設けてリビングはできるだけ床暖房のある床にゴロゴロするそうです。

SH11 箱庭の家

いつも温かく迎えてくれるM家。家族もすくすく育っています。

SH11 箱庭の家

リビングと繋がる箱庭の家。夏はBBQを楽しめたり、流行りのグランピングもできそうです。実は洗濯物に一番重宝します。

SH11 箱庭の家

ちょっとした和室スペース。足を入れて作業できる机も用意しました。

SH11 箱庭の家

玄関には土間スペースと吹き抜けを作りました。使い方によっては魅力的なギャラリーにもなります。

SH11 箱庭の家

シンプルな生活に憧れる奥様のキッチンの使い方は極めてシンプルでした。

CSH10 鵠沼海岸パッシブハウス

涼夏暖冬で開放的な湘南の暮らしを実現。お客様のこだわりを随所に取り入れさせていただきました。外壁にはブルーググレイのカラマツを採用しています。

CSH10 鵠沼海岸パッシブハウス

涼夏暖冬で開放的な湘南の暮らしを実現。お客様のこだわりを随所に取り入れさせていただきました。外壁にはブルーググレイのカラマツを採用しています。

CSH09 小さく棲む家 青葉区美しが丘

外部にはクリア塗装とエイジング加工を施した信州カラマツ外壁を採用させていただいております。小さくも広々と暮らせる平屋を提案させて頂きました。

CSH09 小さく棲む家 青葉区美しが丘

信州カラマツを使ったKIBARIプロジェクト第一弾。古くなった家と使わなくなった2階、そんな暮らしのリスタートとして平屋で快適に暮らす選択をされたI様。小さくも広々と暮らせる平屋を提案させて頂きました。

CSH09 小さく棲む家 青葉区美しが丘

古くなった家と使わなくなった2階、そんな暮らしのリスタートとして平屋で快適に暮らす選択をされたI様。小さくも広々と暮らせる平屋を提案させて頂きました。

CSH09 小さく棲む家 青葉区美しが丘

古くなった家と使わなくなった2階、そんな暮らしのリスタートとして平屋で快適に暮らす選択をされたI様。小さくも広々と暮らせる平屋を提案させて頂きました。

CSH05 素足のイエ 八王子市片倉町

山に近い八王子での新しい暮らし。薪ストーブを中心にしたシンプルな暮らしがメインコンセプト。無垢の窓枠や建具、珪藻土壁やカラマツの無垢フローリングなど素材感を大切にしました。

CSH05 素足のイエ 八王子市片倉町

天井には米杉、床にはカラマツ無垢フローリング。素足の感覚が本当に心地よい。

CSH02 借景の家 藤沢市今田

とにかく米杉ラブが印象的なクライアントでした。敷地条件としては難しい旗竿敷地に1階リビング+庭+吹き抜け+4部屋というご希望に難易度高かったですが、素晴らしい家が出来上がりました。

CSH02 借景の家 CSH02 借景の家 藤沢市今田

要所にお客様のこだわりを活かした素敵な内観となりました。木の温かみがポイントとして現れて、いつまでもいたくなるような家になりました。

CSH01 なみへい庵 鎌倉市十二所

住み方は最小限に、そうすることで空間は最大限に贅沢に。いつかはふたり暮らしになるであろう自邸は贅沢のあり方を違う視点から。住みながら変化していく鎌倉の平屋はまさに人の暮らし方そのものと思います。

CSH01 なみへい庵 鎌倉市十二所

国産材利用ツーバイフォー住宅 平屋なみへい庵 カラマツ浮造フローリング 鎌倉市十二所

CSH01 なみへい庵 鎌倉市十二所

国産材利用ツーバイフォー住宅 平屋なみへい庵 カラマツ浮造フローリング 鎌倉市十二所