信州安曇野より松枯れした赤松材を利用したブルーステインのカウンターです。

 

松林に甚大な被害をもたらす松くい虫被害は、「マツノザイセンチュウ」という体長1ミリメートルにも満たない線虫が松の樹体内に入ることで引き起こされます。その線虫を松から松へ運ぶのが「マツノマダラカミキリ」というカミキリ虫です。樹体内で繁殖したセンチュウにより松が衰弱し、枯死してしまう被害が広がっています。

 

内陸部ではアカマツが荒廃地にいち早く侵入し、土壌が流れ出るのを防いでいます。厳しい環境でも育つ松が作る森林の役割は、かけがえのない大変重要なものです。枯れてしまった材の価値を守り、利益を山に還元することで健康な森林を保つことができます。

 

センチュウにより死んでしまった赤松は建材として利用価値もなく、伐採し燃やすなどの処理が行われてしまっていましたが、そのセンチュウのもたらす青変菌による自然の青味(ブルーステイン)はとても味わい深く美しいものです。また、立ち枯れの状態が逆に材の乾燥状態を高めているので、比較的反りなども起きにくいのも特徴です。また、青味なども健康への影響がないことも確認されております。

 

安曇野の製材業者さんが作業の合間に片手間で作るオーダーメイドのブルーステインカウンター katatema' (かたてま)。DIYの素材や足をつけてのテーブルを作ってみてはいかがでしょうか?

 

参考金額は700*1300サイズで20,000円(税別・送料別)から

センチ単位でのオーダーサイズでの受注生産品です。

幅広材は二枚継となります。幅、長さ、厚みなどは一度ご相談ください。

 

ご希望の方は購入ボタンからではなく、メールにてご連絡ください。

 

ブルーステインカウンター 厚30−40

¥20,000価格
  • ブルーステイン材は自然素材であり、全て木目や色合いは全て異なります。使用状況や乾燥状態により反りや曲がり、割れなども生じることもございます。また、木材内部に溜まったヤニなども稀に表面に出てくることがございます。汚れや反り、曲がりなどは自然由来のオイルの利用などで抑制することはできます。

    また、松枯れ材という特性上、カウンターにカミキリの幼虫が作った細かな穴が見受けられます。センチュウのもたらす青変菌による青味(ブルーステイン)も、材によって色の具合なども全て異なります

    サイズはオーダーメイドにより、希望サイズを伝えて頂き金額、納期をお伝えします。金額了承の上、ご入金後に制作に入ります。材幅は丸太の都合より300-400ミリ程度となり、幅広の場合は二枚のカウンターを接着し継がせていただきます。経年により継手より割れ・ヒビなどが生じる可能性がございますので予めご了承ください。赤松材の在庫状況により納期や販売数量を変更をさせて頂くことがありますので予めご了承ください。

    より良い製品のお届けを心がけておりますが、あくまで小さな製材所が片手間で作る商品ですので、高い品質を求められる場合は当商品のご購入はご遠慮いただければと思います。DIYの自然素材として自由に楽しんでいただければと思います。