• 山本寛之

ソマミチイベント 育てて、使う。ミライの森を作る

先月末は忙しい合間を縫ってバイクでヒラリと信州松本の山へ


今回は26日に開催された松本山岳フォーラム主催のイベントを一般社団法人ソマミチが主催しました。目玉はやはり植樹!


自分の家の木はどこからきて、どう育てられてきたのか?


そんな好奇心はみなさん少しはおありかと思います。


自分も信州カラマツという木に出会い湘南の家にたくさん使っておりますが、再び森を育てるサイクルに直に関わっていない心の隙間のようなものがありました。


そして今回の植樹イベント。本当に楽しみでした。


松本では珍しい強風が吹く中でのイベントでしたが(雨男の自分にはあるあるです)、木を使うサイクルに携われたことでなんだか腑に落ちた感覚がありました。最後のワンピースだったのでしょうか?


伐倒を見学し、そしてその木から薪を作り暖を取る。そして(今回はコナラでしたが)新たな木の始まりを植える。世の中はSDGSという言葉だけが一人歩きしておりますが、本当の循環の大切さと、それが当たり前の世の中を作らなければいけないのだと強く感じることができた今回のイベントでした。


次回は是非、木の家や木が好きな人には来て欲しい。そう思いました。

そして雪であれた林道をバイクで突き進むのはテンションもだだ上がりです。






閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示